かくしごーと

書く仕事で生きたい、隠し事はあまりない27歳非正規社員。

文化部出身者で練習なしで10キロ完走できた!【新潟シティマラソン】

 

f:id:nkmskacker53:20171009172708j:plain

新潟シティマラソンに初めて参加しました。

今年からビッグスワンスタジアムがスタート地点になり、

普段サッカー観戦している身としては圧倒的なホーム感で楽しんできました。

 

今年は10キロの部とフルマラソンの部があり、私は10キロに参加。

生まれた時から運動音痴、文化部しか経験の無い私でも、

なんとか笑顔でゴールすることができました。

 

練習らしい練習はほぼしてません。たまに30分ぐらい散歩してたかな。

最後に10キロ近く走ったのは1年以上前、ジムのマシンで。

それも10キロ以上走り続けたのはたったの2回です。

 

今回は距離10.6km、制限時間1時間50分。

諦めなければ早歩きで完走(完歩?)できる条件です。

私のような運動があまり得意じゃない人間でも、

諦めなければゴールまで楽しむことができる。ありがたい。

結局1時間20分くらいでゴールできました。

 

終わってみれば楽しかったのですが、

途中で辛かったり苦しかったりは何度もありました。

たった1時間半の中に、私の中でさまざまな感情が渦巻いていました。

 

来年も出場するかどうか迷ったときのために、

今日走っている間、現地がどんな状況だったのか、

感情の変化はどうだったのかを書き残しておきます。

 

(1)スタート~2キロまで

f:id:nkmskacker53:20171009172741j:plain

スタートの号砲が鳴っても、7,8分はスタートできません。

申込時に提出したタイムによって整列位置が振り分けられるから。

私はだいぶ後ろの方からのスタート。

先頭集団が走り出す様子を、ビッグスワンの大画面モニターで眺めていました。

走っている人の前で誘導する白バイは、箱根駅伝のテレビでしか見たことがなく

「うわー、ほんとに長距離の大会だ」とちょっぴり興奮しました。

 

さて、ようやく私もスタート地点へ。

Negiccoが声援を送ってくれました。

かわいかったなあ。

 

最初はみんなお団子状態、ぎゅうぎゅう詰めで前進します。

とにかく人が多いので、それだけでも蒸し暑い。

半袖半ズボンの私ですら暑さを感じていたので、

きぐるみや衣装で仮装している人たちはもっと大変だったろうな。

とりあえず最初の2キロ地点までは、ゆっくり列が進んでいくので

「このペースならラクに完走できるな」と余裕ぶっこいてました。

 

 

(2)2キロ~5キロまで

 

2キロから3キロ地点までがやたら長く感じました。

早くも飽きていたんだと思います。

通っている道路も普段馴染みのないエリアだったので、

自分が新潟市のどのへんにいるのかよくわからない。

なんだか退屈になってきてしまいました。

エンジンがかからない状態といえばいいのでしょうか。

そもそも私にエンジンはあるのでしょうか。たぶん無いです。

日頃練習していたら違ったんだろうな…反省。

3キロから4キロ、4キロから5キロも同様に、ぼやっとした感じ。

疲れたなー歩きたいなーつらいなーという気持ちが強かった。

実際歩いたり走ったりを繰り返してしていました。

10キロのうち4キロを走り終えて

「まだあと6キロもある」と考えるか

「もう4キロ終わったんだ!」と考えるか、

これも日頃の練習がモノを言うのかしら。

 

 

(3)5キロ~7キロまで

給水ポイントがめちゃくちゃでびっくりしました。

コップと水分が地面にびしゃあって。カルチャーショック。

ポカリと水が用意されていたのですが、

私はポカリを飲んだ後、水も飲みました。

ポカリだけだと甘さで口の中が渇くと思ったため。

これはいい作戦だったと思います。

トイレに行きたくなるかと不安でしたが大丈夫でした。

そして、6キロ地点を過ぎたあたりから、

だんだんスピードが出せるように。

ランナーズハイというのでしょうか?

ゴールデンタイムというのでしょうか?

足が勝手に前に出るようになり、

「もしかして、マラソンって楽しいかも」

と、感じたのもこのあたりです。

 

 

(4)7キロ~9キロまで

少しずつ知っている町(万代周辺)に近づいてきました。

キツイし辛いのですが、なんだかワクワクしました。

「マラソンなんて一生縁が無いと思ってたけど、

 やってみるもんだな」

「車道を自分の足で走るのって気持ちいいな」

「わたし今、ランナーなんだな」

「ゴールした後に食べるお餅、何味かな?」

(サトウの振る舞い餅があるので)

 

また、万代周辺は住宅街よりも声援が多く、

おかげさまでテンションが上がりました。

萬代橋を走って渡ったのは気持ちよかったなあ。

 

 

(5)9キロ~ゴールまで

f:id:nkmskacker53:20171009172846j:plain

8,9キロ過ぎたあたりから歩きだす人が急増。

4キロ付近から既に歩いたり走ったりしていた私ですが、

ラストスパートということもあり、割と元気でした。

 

さらに、残り1キロ地点でQちゃんこと高橋尚子選手登場。

f:id:nkmskacker53:20171009172927j:plain

ハイタッチさせてもらいました。

 

ああ、参加できてよかった。

 

ゴールは陸上競技場内のトラックにあります。

思えば、これまでの人生の中で、

陸上トラックの上を走ったことはありませんでした。

(ビッグスワンのトラックの上を歩いたことはあったけど)

ランニングシューズで踏みしめるトラックの感触は新鮮でした。

いかに運動に縁のない人生だったかを改めて痛感。

 

 

(6)完走後の楽しみ

f:id:nkmskacker53:20171009172950j:plain

(全然インスタヴァエしない写真)

完走した後にはおにぎりorサトウのごはんと、お餅が待っています。

私はおにぎりを食べ切れる自信がなかったので、サトウのごはんにしました。

おにぎりでっかいんだもん。周りの人たちみんなぺろりと食べてたけどさ。

そして、焼きたてのお餅コーナーへ。

砂糖醤油味のおもちをいただきました。

お餅コーナーにはNegiccoちゃんたちもいました。

間近で見てもやっぱりかわいい。

あと、スタート前にもゴール後にも、ペットボトルが大量に配られており、

自前の飲料水は必要ないことがわかりました。

 

 

(7)まとめ

f:id:nkmskacker53:20171009173026j:plain

初めてのマラソン大会、緊張して昨晩はあまり眠れませんでした。

でも、実際はそんなに気構えなくても大丈夫でした。

見てくださいこの記録。時速6.6キロ。完走なのか完歩なのか。

いずれにしても、いい経験ができました。

 

辛かった時間帯は「もう二度と走るもんか!」と思ったりもしましたが、

終わってみれば達成感でいっぱいに。

これこそがマラソンの醍醐味なのかもしれないなあ。

 

来年も参加するとしたら、もう少し普段から走っておきたいです。