読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこめしはっかーです。

書く仕事で生きたい、隠し事はあまりない26歳無所属。Jリーグが好きなのでサッカーについてたくさん書いていますが、実はルールが全然覚えられません。オフサイドについては諦めました。

柏レイソルのゴール裏はやっぱりすごかった。

f:id:nkmskacker53:20170508140152p:plainカシマスタジアムにて撮った写真を検索したかった。

Googleフォトで「茨城」で検索したら柏サッカー場の写真が出てきた。

柏って千葉じゃなかったのか。

 

柏サッカー場に行ったのは去年の10月、柏レイソル大宮アルディージャ戦です。

新潟がどこかで残留争いしているのをよそに、中村航輔みたさに行きました。

この日、中村航輔はとても調子が悪そうでした。

よくわからない1失点後、本人自ら大宮の選手にPK献上、もう1失点。

 

はあ、自責の念です。私が中村航輔に熱い視線を送りすぎたからでしょうか。

柏が攻める場面、観客の視線は大宮ゴール前のボールの行方を目で追う中、

私一人、暇そうにしている中村航輔のことをじーっと観ていたからでしょうか。

周りの観客が左を向く中、自分だけ右を向いている違和感。気まずさ。

私が座っていたのはバックスタンド側。柏のゴール裏ではありません。

 

初めての柏サッカー場で知り合いもいない中、ゴール裏に行くのは無理です。

しかしバックスタンド側でも柏サポーター(にわか)として試合を楽しめました。

そこには柏サポーターをリードする人たちの工夫や努力が感じられました。

 

1.チームカラービブスが配られる

試合が始まる30分前くらいだったでしょうか。

応援を仕切っている(と思われる)人達が、バックスタンド側で観客一人ひとりに何かを配り始めました。

「黄色を着てきてない人、ビブスありますよー」

そういって黄色いビニールのビブスを配り始めた。

ユニフォームを着てないお客さんたちは次々それを受け取り、黄色に変身していきました。

もちろん私も例に漏れず、コートの上から黄色ビブスを身につけました。

これで立派な柏レイソルサポーターの完成です。

 この徹底っぷりはスゴイ。

少し脱線しますが、柏レイソルの黄色について、

こんな記事を書いている人もいました。

柏レイソルサポーターの色へのこだわりは見習いたい | 神戸魂 - 楽天ブログ

 

 2.段取りを教えてもらえる

ビブスを配り終わると、今度は試合開始までの流れについて説明が始まりました。

あまり覚えてないのですが(なにせ半年前だから)、

「このタイミングで立ちましょう!」

「こういうアナウンスがあったら拍手をお願いします!」

「そのあと〜〜でタオルを持ってる人はタオルを上に!」

などなど、丁寧に説明をしたあと

「皆さんが立ったり拍手してくれることは、柏レイソルの選手達の後押しになります!」

みたいなことを拡声器で頑張って叫んでいました。

圧巻です。

あの試合が特別だったのか、それとも彼らはホームだろうと毎試合あーやって段取りを説明してくれているのかはわかりません。

とりあえず親切すぎてビビりました。卒業式の練習みたいでした。

 

3.試合そっちのけで客席を盛り上げる姿勢

で、先ほどの説明通り段取りが進んでいきます。

その間も説明してくれた人は、バクスタの観客たちを

「さ、立ってください!」

「タオルを上げましょう!!」

と促し続けます。先生みたいでしょ。

もちろん、

「わしゃ腰が痛いんじゃ座らせとくれ」って方や

「ただサッカー見に来ただけなのになんで黄色ビブスやねん」という人たちもいるのでそこは強制しません。優しい。

過去にはゴール裏2階席に「2階席も立って応援する席です」という貼り紙が貼られ物議を醸した背景もあるからでしょうか。

先生方はスパルタではありませんでした。

(参考:日立台ゴール裏の二階席は立たなければいけない? - Togetterまとめ

あんまりサッカー観戦したことがない人たちや、私のように柏サッカー場が初めての輩も巻き込んで、柏のホーム感をやさしく煽る先生方。

フィールド上では選手が入場していますが、先生は私達を盛り上げ続けます。

選手を見てません、私たちを見張っています。

柏レイソルを盛り上げることに対するただならぬ使命感を感じた次第でございます。

 

〒〒〒

 

年は変わって2017年4月30日。

新潟はビッグスワンにて、アルビレックス新潟VS柏レイソルがありました。

私はいつものようにS席(新潟のゴール裏と反対側、アウェイゴール側に近いゾーン)で観戦していました。

中村航輔のキーパー練習を間近で見たい、という新潟サポにあるまじき不純な動機はなきにしもあらず。

 

で、試合中ちらりと柏のゴール裏を見たところ、


f:id:nkmskacker53:20170509183809j:image

あの日お世話になった先生方は拡声器をもってサポーターを鼓舞し続けていました。

最前列で応援を指揮するコールリーダーの他に、後ろにも数名いることに驚きです。


f:id:nkmskacker53:20170509183759j:image

丸で囲んだところに2名の先生が確認できますね。他にも何名かいました。

写真を撮ったタイミングは前を向いていましたが、後ろを向いている時も多く、

サポーターを煽りながら盛り上げていました。

 

試合は終わってみれば0-1で柏の勝利。

中村航輔がスーパーセーブを連発し、新潟は1点も奪えず。

スーパーセーブという表現には語弊があるかもしれません。

あれは多分中村航輔のデフォルトです。仕方ないです。

だって見てコレ、DAZNのJ1第9節ベスト5セーブ。

 

5位、3位、1位が中村航輔ランクイン!ほぼ「中村航輔まとめ」じゃねーか!

わーい!中村航輔のセーブの凄さと決めきれない新潟の辛さが同時に味わえるよ!

 

それにしても、私が柏を応援しに行った時はあんなに調子が悪かったのに、

私が柏と戦わなきゃいけない時に限って実力を見せてくる、憎い男です。

 

 

それでは最後にこちらの「太陽神の儀式」を見ながらお別れです。

 

広告を非表示にする