読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこめしはっかーです。

書く仕事で生きたい、隠し事はあまりない26歳無所属。Jリーグが好きなのでサッカーについてたくさん書いていますが、実はルールが全然覚えられません。オフサイドについては諦めました。

「人生ずんどこ」/明日はカップ戦

今、人生のどん底にいると思う。

おそらくメンタルがとても弱っている。

ふとした瞬間、自分の生き方に後悔が襲ってきて、

涙が止まらなくなってしまう。

 

先日、初めて取材の依頼が来たのだが、

「ごめんやっぱり土地勘がある人にお願いするわ」とキャンセルになってしまった。

土地勘の無さは認めます。けれど、土地勘に左右されてばかりというのは、

なんとなく村八分にされた気がしてつらいです。ちょっと泣きそうになった。

 

というわけで、昨日今日はひたすら家でライティングでした。

誰のためになるのかよくわからない1本2,000字くらいの文章を書いて

ワードファイルを納品する日々。

こんなのがまたGoogle先生の検索結果に悪影響を及ぼすのか。

そう思うと自分のやっていることが虚しく感じられ、涙が出てくる。

 

1日中文章を書いているだけだと飽きるので、

午後になると父親から出されていたC言語の課題に手を付けてみる。

さっぱり意味がわからず、いよいよ声を出して泣く。

 

私は何に向かって行きているのだろう。

「会社を辞めなければ、こんな目に合わずに済んだのに」とも思う。

会社を辞めたことを後悔しなくなる日が早く来てほしい。

ていうかあの会社、つぶれてほしい。

 

ああ、涙が止まらない。私の人生どん底だ。

こんなどうしようもない時は、

「人生 どん底」などのキーワードでGoogle先生に問いかける。

すると、ヤフー知恵袋や、教えてgooなどの

「人生どん底ですどうしましょう」みたいな質問がヒットする。

 

…いや、詳しく言えばそれらの質問サイトより先に、

「人生どん底から元気になれる名言集(くそキュレーション)」

どん底から復活する●つのポイント(くそアフィリ)」

などがヒットする。全然元気でないし復活もしない。わりかしくそである。

 

ちなみに、人生どん底な時は、

「もう私の人生ズンドコ!」と言えばいいらしい。

ひすいこうたろうの、この本に書いてあった。

 

 

+++

 

さて、先週の土曜日、J1第6節、アウェイ鳥栖戦。

私はDAZNで観戦していた。

終わってみれば3-0で完敗。悲しい。

現在17位、下から2番目。J2降格圏。勝ち点わずか2。

 

監督の采配が悪い

選手がJ2レベル

フロントのやってることが不明確

みなさん色々思うところがあるようだ。

 

私には何も言えることがない。

何のアイディアも浮かばない。

チームの事情とか、よくわからない。

 

ただ、J2には行きたくない。

一度落ちてしまったら戻れないような気がする。

それに、J2に落ちたらお客さんはもっと減る。

今までサッカーに興味がなかった新潟県民に

「やっぱりアルビは弱いんだね」と言われるのが嫌だ。

 

明日もきっと、いつもどおり私はビッグスワンに行く。

いつもどおりハッピーターンをぱくぱくしながら、

いつもどおり試合を観て帰ってくる。

試合には勝ち負けがある。引き分けもある。

 

アルビが勝ったのをしばらく見ていない。

何かの境地に達したのだろか、私の感情は。

もはや勝ち負けなどどうでもいい。

私はどんな結果も受け入れる。

 

 

 

というのは嘘である。

めちゃくちゃ勝ってほしいのである。

広告を非表示にする