ねこめしはっかーです。

書く仕事で生きたい、隠し事はあまりない27歳無所属。

新潟アルビレックスBBの試合を観戦した

f:id:nkmskacker53:20170326214019p:plain

(見るもの全てが新鮮でした)

 

3月25日、新潟アルビレックスBB川崎ブレイブサンダース

いずれはバスケの試合を観てみたいなと思っていた矢先、叶えることができた。

 

今までバスケのリーグはいくつかにわかれていて、対立していたらしい。

それが去年、1つのリーグ(B.LEAGEとやら)に統一されたらしい。

つまり今シーズン(2016-17シーズン)は記念すべきBリーグ元年なのだ。

 

初めてのバスケ観戦、サッカー観戦とはまた別の面白さがあった。

ルールについてはサッカー同様やっぱりよくわからないんだけど、

ルールがわからない人間でも楽しめた、それだけは言える。

 

ルールに関する知識が曖昧なので、

試合展開、試合内容、試合結果については何も触れることが出来ない。

それ以外で、サッカー観戦とのちがいを含め、

いくつか感じたことを記しておく。

 

+++

 

1.照明さんハンパねぇ。

屋内だからこそできるのだろう、とにかく照明の演出がスゴイ。

めちゃくちゃかっこいい。

ここが公営の体育館であることを忘れさせるくらいかっこいい。

それを伝えられる写真が

f:id:nkmskacker53:20170326221258p:plain

まあ、撮れなかったわけなんですが。

なにせ初めての場所なもんで、撮影していいのかわからずビビってたんですわ。

(ちなみに撮影OKです。フラッシュはダメです)

それと、演出で暗くなった時に客席のペンライトがまばらだったのも微笑ましかった。

まだBリーグ始まったばかりだもんね。

ペンライトもこれから普及していくんだよね、そうだよね。うん。

 

 

2.「ブースター」の一体感ハンパねぇ

サッカーの応援を仕切るのは、ゴール裏にいる「コールリーダー」ですが、

バスケの応援を仕切るのは、DJなんですって。カッコイイ!

そして、サポーターのことをバスケではブースターって言うんですって。

試合前も試合中も、DJがブースターを盛り上げてました。

オフェンスとディフェンスが切り替わると曲も手拍子も切り替わります。

その時の応援をDJが先導する感じ。

シンプルな応援なので初めての私もすぐに要領をつかむことができました。

あと、アルビチアの人たちも試合前に応援練習を引っ張ってました。

運営側も観客も一体となって試合を盛り上げる感じがよかったです。

 

3.アウェイチームの扱いハンパねえ

バスケってホームとアウェイが顕著なんだなって思いました。

アウェイチームに対してそれはもう潔いくらいの仕打ち。

先述した照明の演出でも、ホームの選手にはガンガン光を当てる一方、

相手選手の登場シーンでは絶対に意地でもスポットを当てない。

逆にアルビBBがアウェイでどんな仕打ちを受けてるのか見てみたくなりました。

 

それと、相手チームのフリースローの時は必ずブーイングするのがバスケ。

正直ブーイングあろうがなかろうがフリースロー決めちゃう時は決めちゃうんですけど、

アルビブースターの「俺たち一緒に戦ってるぞ!」という気持ちが現れていて

いいな、と思いました。

 

相手チームのフリースロー

f:id:nkmskacker53:20170326223908p:plain

やじるしボードをくるくる回すおじさんがいて面白かったです。

 

f:id:nkmskacker53:20170326224011p:plain

きっと毎試合これをやっている名物ブースターなんだと思います。

知らんけど。

 

 

ちなみに相手チーム、川崎ブレイブサンダースのブースターは

f:id:nkmskacker53:20170326224129p:plain

サッカーでいう「ゴール裏」的な場所に、2名いらっしゃいました。

JFLのアウェイサポーターみたいですね。(JFLの勝手なイメージ)

 

f:id:nkmskacker53:20170326224224p:plain

もちろん、アルビBBのフリースロー時には彼らがブーイングしてました。

アルビブースターは選手のフリースローを静かに見守っているので、

必然的にお2人の声だけが体育館に響き渡ります。

 

2000名の観客に自分のブーイングを聞かせるって

めっちゃ気持ちいいだろうだな。

 

+++

 

というわけで、バスケ観戦楽しんできました。

バスケってもっと、怖いお兄ちゃんとかがいっぱいいるイメージだったんです。

だるだるなパーカー着た兄ちゃんがフリースタイルラップ披露しながらストリートバスケするイメージ。

 

ところがどっこい相変わらずの新潟クオリティ。家族連れが多い。

これはビッグスワンにも通じるものがありますね。アイシテルニイガタ!

試合は負けてしまったけれど、今後もアルビBBを応援しようと思いました。