ねこめしはっかーです。

書く仕事で生きたい、隠し事はあまりない27歳無所属。Jリーグが好きなのでサッカーについてたくさん書いていますが、実はルールが全然覚えられません。オフサイドについては諦めました。

◯◯しながら走るとサッカー選手になった気分


f:id:nkmskacker53:20170321231335j:image

(夕日ちっさ)

 

+++

 

先週から、久々にランニングをはじめました。

時速7キロ程度でのんびり走ってます。

生まれてこのかた文化部の私には

自分が走っていること自体、信じられません。

 

1年ほど前はジムにも通っていました。ほぼ毎日。

走ったり歩いたり筋トレをしていました。

あの頃は、仕事に対するストレスをすべて運動にぶつけていました。

いやはや健全すぎるだろ。

保健体育の教科書に載せたいレベルの模範的なストレス解消法ですね。

 

ジムで運動した後はシャワーを浴びてお風呂に入って帰宅。

おかげでガス代も水道代もめちゃくちゃ抑えられていました。

いやはや健全すぎるだろ。オレンジページに出てくる主婦か。

主婦じゃないしオレンジページ読んだこと無いけど。

 

今住んでいる町にはジムがない。カーブスしかない。

カーブスって20代で行ったら浮きませんか?浮きますよね?

年配の女性たちと仲良くなれる自信もありません。

仲良くしてくれるなら嬉しいんですけど、絶対陰でなんか言われるでしょ。

そういうの怖くて、スーパーのバイトとかも出来ません。

女が数人集まれば誰かの陰口ですからね、もう勘弁してくれよ。

でも私は先ほど、年配の女性に対する遠回しの渾身の悪口を思いつきました。

「あの人がしゅうとめだったら私やっていけない」

です。

全然遠回しじゃないですね。直球ですね。

 

話をもとに戻しますけど、走ってるんですよ。ほぼ毎日。

いや走らない言い訳ならいくらでも思いつくんですよこの時期。

花粉飛んでるし。花粉の薬で眠いし。

北陸の雨はしつこいし。風も強いし。まだまだ気温は1桁だし。

引越してきたばかりで車道と歩道の区別もつかんし。

なんなら私道と公道もようわからんし。

 

市街地を走ってたらいつの間にか川に到達したし。

それなら、と川沿いを走って数百メートル、

「橋を渡って向こう岸をUターンしよう」と思うじゃないですか。

 

f:id:nkmskacker53:20170322211241p:plain

橋、とんでもなく長いし。

渡ってUターンという発想が滑稽なくらい、暗い森につながってるし。

 

f:id:nkmskacker53:20170322211407p:plain

橋を渡りきったら

「キミ歩道ないけどいい?」って感じの暗いT字路。

夕方5時、市街地を走っていたつもりがいつの間にか山道に導かれている。

走ってる人なんてもちろんいないし車も来ない。

峠の途中で中年の男女が車内で不倫とかしてそうなそんな山道。

怖いから普通にもう1回同じ橋渡って家帰ったわ。↑この行、いるかな。

 

今の目標は10月に開催されるでろう新潟シティマラソン10キロの部。

実は昨年もエントリーしたんだけれど、ちょうど会社を辞める時期だったし、

同じ職場でも出場する人が数名いたので気まずくて諦めた。

「有給消化中にマラソン出てんじゃねーよ」って思われるのは嫌だった。

 

最近は、走りながらガムを噛んでいる。

時速7キロのスローペースで、ガムを噛みながら走るとどういう心理状態になるかわかりますか。

 

「なんか私、ウォーミングアップしてるJリーガーみたいだ^^」

 

 

こんな風に考えるだけで走っているテンションが格段に上がる。

先日、聖籠町へ行った時も、私が応援しているサッカーチーム、アルビレックス新潟の選手たちがゆったり走っていた。

まさしくそのイメージで、私は1日3キロをもたもたと走っている。

ガムを噛んでいると走るのが楽だ。でも途中から味がしなくなって無性に吐き捨てたくなる。

ガムって15分も噛んでたら味はなくなるし硬くなってくるよね。

選手たちが試合中噛んでいるガムって、選手たちは45分間噛みっぱなしなのだろうか。

途中で飽きて新しいガムを「ぱくっ」て食べてたらカワイイよね。

 

なんだか私は、サッカー選手にかわいさを求めてしまうフシがある。

 

広告を非表示にする