ねこめしはっかーです。

書く仕事で生きたい、隠し事はあまりない27歳無所属。Jリーグが好きなのでサッカーについてたくさん書いていますが、実はルールが全然覚えられません。オフサイドについては諦めました。

フリーライターになって1ヶ月~SHISHAMOと加藤大に励まされながら~

引っ越して1ヶ月が経った。

同様にフリーランスになってからも1ヶ月が経った。

家族に支えられながら、なんとかフリーで仕事をしている。

一人暮らしでは無理だった。感謝してもしきれない。

 

正直、メンタル面はぼろぼろだった。

見切り発車した自分も悪いんだけれど、マジで辛かった。

家族が仕事に行って一人になった途端、ズウウウウンと暗くなった。

あんまり、忙しくないのである。

 

「私はこんなに甘えてていいのか?」

「今日の小さな仕事、わずかな稼ぎで何がフリーランスだよ」

「こんなんだったらコンビニでバイトとかした方が…」

「1年後もこの程度しか仕事やってなかったらどうしよう」

 

暇であるがゆえ、嫌な考えがぐるぐる頭を巡った。

とりあえず、泣きながらSHISHAMOの「明日も」を聴いて、

土日のJリーグを待つ日々だった。

 

www.youtube.com

全てのJリーグファンの心を代弁したこの歌詞、

SHISHAMO、あんたら神か。

 

良いことばかりじゃないからさ 痛くて泣きたいときもある

そんな時にいつも 誰よりも早く

立ち上がるヒーローに なりたくて

痛いけど走った 苦しいけど走った

報われるかなんてわからないけど

 

 

私はこの歌を聴いていると、アルビレックス新潟加藤大選手を思い出す。

彼はとにかく走る。ただただ走る。

あんまり目立たないけど1番走ってる。

Jリーグの中で1番走ってる。

sportiva.shueisha.co.jp

 

今年もどんな走りを見せてくれるのか。

いや、走りよりもゴールを見せて欲しい。そろそろ。

 

+++

 

私も、マサルをはじめアルビレックス新潟の選手たちが頑張る姿に元気をもらって、

少しずつ仕事を増やしながら、前に進むしか無い。

胸を張って「私はフリーランス」と言いたい。

「まだ駆け出しで」なんて言いたくない。

ついでにいうと

アルビが勝ち点3取れないから来週も頑張れない、とか思いたくない。(勝て)

 

+++

 

実は3週間ほど前、町内の小さな出版社に営業に行ったりもした。

優しく出迎えてくれたけど、反応は微妙だった。

「地元出身でこの地域に詳しければ色々頼めるんだけど、

まだ引越してきたばかりだし、厳しいかな~」

 

正社員なら絶賛募集中とのことだったが、

私の家庭の事情で、3年後には今住んでいる町を出ていくことが決まっている。

(だからこそ私は、どこでも働けるフリーライターというスタイルに賭けている)

「じゃあ、外部委託という形で頼める仕事を探しますよ~」と、

面接してくれた方も他の社員の方に聞いてくださったのだが、

その場で結論には至らなかった。

「とりあえず、今回の面接の結果は近日中に連絡差し上げます」

営業に来たつもりが面接になってたでござるの巻。

 

あれから3週間は経った。

特に連絡は来てない。

ていうかそもそも連絡先を伝えてなかった。

すいません、こっちから連絡します…

この反省を糧に、私は名刺を作りました。

遅いよね。ガリャルドを交代で使うのと同じくらい遅い。

 

+++

 

他には知り合いのツテでやっている仕事が何個かある。

でもまだまだフリーライターを堂々と名乗るには遠い気がする。

どちらかというとフリーターで、あともう少しで無職。

焦って仕事を探す。クラウドソーシングで。

そうすると平気で出てくるのが1文字0.1円とか0.5円のSEO記事。

私はあの辺にだけはどうしても手を出せない。

その単価は私のプライドが許さない。

Googleの検索結果に悪影響を及ぼしたくはない。

せめて1文字1円を最低ラインに、何とか仕事を続けている。

 

 

 とりあえずまだ、私は折れない。

今はマサルのように走り続けるしかない。

 

広告を非表示にする