読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこめしはっかーです。

書く仕事で生きたい、隠し事はあまりない26歳無所属。Jリーグが好きなのでサッカーについてたくさん書いていますが、実はルールが全然覚えられません。オフサイドについては諦めました。

応援しているサッカーチームの公開練習に行った


f:id:nkmskacker53:20170316225824j:image

ついに、サポーター3年目にしてついに。

私もアルビレッジに足を踏み入れました。

先日、3月10日のはてなブログ

「応援しているサッカーチームの公開練習に行く勇気がない」旨を書いた手前。

応援しているサッカーチームの公開練習に行く勇気がない。 - ねこめしはっかーです。

あれから6日にしてさっそく前言撤回かよ、と思われたでしょうか。

いやはや人生に勢いは大事だなと思った次第でございます。

 

たまたま聖籠町のあたりを車で走っていて、平日の午後1時ぐらいで、天気もそこまで悪くはなくて、

なんだか今日なら勇気を出して踏み出せそうな気がしたんで行ってきました。

 

心配性で自意識過剰な私には

3月10日のブログに書いた通り3つの「公開練習の見学に行くのがが怖い理由」がありましたね。

現地の様子は実際どうだったのか、

答え合わせをしてまいりましょう。

 

 

1.選手に拒絶されるのが怖い

 

はい。

何を心配しているのか。

もうしょっぱなから

意味がわかりません。

拒絶されるって、なんでしょうね。

告白でもするつもりだったんでしょうか。

そもそも受け入れられようとしてんじゃねーよって話ですわ。

お前を受け入れるつもりもないし、

拒絶するチャンスもねーよって話。

 

だって公開練習さ、

かなり遠距離で見学するんだもんね。 

本記事冒頭の写真から、その距離感を感じ取っていただければ。

私はあの距離感、佐渡のトキ保護センターにいる気持ちになりました。

 

 

 2.宝塚の出待ちみたいにローカルルールがありそうで怖い

 

2016年の選手名鑑で

「最近の悩みごとは?」だかの問いに

「んなもんねーよw」と答えていたのは

当時名古屋グランパス、現在ジュビロ磐田、3年前まではアルビレックス新潟に在籍していた川又堅碁選手でした。

あの言葉をそのままお借りします。

んなもんねーよw

 

選手の練習中~ファンサして建物に入るまでの選手とファンの様子をひと通り見てたんですが

(公開練習の見学じゃなくて、公開練習の見学の見学に行ったみたいな立場である)

若い女の子たちから高齢の方まで20人くらいの見学者がいて、みなさんマナーを守って見学されてました。

 

なんかもっと、ゴール裏の四天王みたいな人がうじゃうじゃいて殺伐とした空気で我先にサインくれやオラァーみたいなイメージでしたが違いましたね。

ほんわかしていてよかったです。

さすがアイシテルニイガタ!

 

あと、練習終わって建物に入るまでの間にファンサゾーンがあるんですが、

そこを選手達が通る一瞬のタイミングに「田中選手!!」と呼び止める必要があることはあの場で知りました。

そらそうだよな。選手自分から来ないよな。

自分に用があるファンがいるとは限らないし。

 

とりあえず

選手たちがぞろぞろ建物に入っていくのはサザエさんのエンディングぽいなと思いました。

だってアルビはLa familiaだもんね!

わーい!きみたちファミリーなんだね!!

すごーい!アイシテルニイガタ!!

 

 

ていうかローカルルール云々の前に、オフィシャルルールがあったことを今更知りました。

練習見学について|ホーム観戦をしよう|アルビレックス新潟 公式サイト

これ読んでからあの場に行けばよかったな。

ほかの見学者たちの動きが読めなくて私ずっとビクビクしてたもん。

 

 

3.えのきどいちろうさんみたいな人がいっぱいいそうで怖い

平日だからかもしれませんが

今回は0えのきどでした。

休日には13えのきどくらいかもしれませんね。

 

えのきどいちろうさんぽい人はいませんでしたが、

サッカーに詳しそうな人はたくさんいました。

私も早くサイドハーフとかウィングバックとか理解したいです。

 

オフサイドを理解するのはもう諦めました。

 

 

広告を非表示にする