読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこめしはっかーです。

書く仕事で生きたい、隠し事はあまりない26歳無所属。求人広告/web/紙媒体の経験を頼りにフリーライターでやっていくことにしました。Jリーグが好きなのでサッカーについてたくさん書いていますが、実はルールが全然覚えられません。オフサイドについては諦めました。

ホワイト企業、大企業、辞めて4ヶ月が経ちました。

きもち 転職

 

日曜の夜。会社員のみんな、憂鬱な時間いかがお過ごしですか。

 

あのめちゃくちゃホワイトな会社を辞めることになってから

どんな変化があったかをささーっと書いてみることにした。

 

今、大手企業や、大手とまでいわないけどホワイトな企業に勤めていて、

辞めたいな~~でもな~~って思っている人の参考になれば。

いや、多分ならない。

これを読んで「誰だか知らないけどバカだなコイツ」と思ってくれて構わない。

 

 

辞めてから今まで、こんな変化がありました。

 

1.もったいない、と死ぬほど言われる

モッタイナイっどこの言葉だっけ、ってなるくらい言われます。

せっかく新卒カードを使って潜り込んだのに、とか

世の中の会社は大体あんたのところより大変なのに、とか

みんなが名前を知っている会社だと尚更言われることでしょう。

 

当事者としても、ホワイト街道から離脱するのは、

もったいない気がしなくもないのですが、

色々考えに考えた末、辞めるという決断に至ってるのです。

いやむしろ、

限られた人生の時間をぬるま湯で浪費していくほうが、

もったいないと思うんですよー

なんてマジレスできる空気じゃないので、苦笑いでやり過ごそう!!

 

 

2.会社関係者からは基本的にキチ*イ扱いされる

離職率が限りなくゼロに近い組織だからからこそのこの仕打ち。

腫れものってレベルじゃない、穢れ扱いである。

 そういうムラ社会な体質で様々なことが抑制されている組織なのである。

この色に染まることが出来れば終身雇用で安泰なのである^^

 

 

3.同期の異動・昇進に耳を塞ぎたくなる

同期のアイツ、今度、主任になるらしいレバ~

同期のあの子、本社のなんかクソ暇な部門に転勤タラ~

「もっと続けてレバ、ラクなポジションに異動できたかもしれないタラ~」

まさに転職タラレバ娘である。

 

4.会社のCMが怖くなる。

在籍していた頃は誇らしかったんですけどねぇー 

CMとかまちなかの広告とかねぇー

今はもうアレルギーだね

 

5.上記の結果、情緒不安定になる。

大きい企業にいる人の大半が、

いい進学校目指して高校受験して、

いい大学目指して大学受験を乗り越えて、

いい会社目指して就活乗り越えてきてると思う。

そういう、理想の人生、のレールを駆け抜けてきた人間が

周囲から もったいない、なんで、おかしいよ、と言われ続けると、

 

高校受験も大学受験も就活もあんなに頑張ったのに

 ファー

 

そんな風に思うことがあります。

「こんな人間の人生なんかいらない」

カルテットのマキさんが自分のことについてよく言うセリフ。

私も時々こうなりますが、なんとか生き延びましょう。

 考えたって答え出ないっす!

 

6.視界は明るくなり、世界が広くなる。

 最近やっとこの段階に来た気がします。

 もう、前に進むしかないんです。

株式会社◯◯のねこめしはっかーさんは、どこにもいないのです。

株式会社◯◯の後ろ盾を捨てて、

自分の足で進むしか無いんです。

 

会社を辞めてから、違う会社に転職したり、また退職したり、

色々あって、ツライこともあったけど

今まで、大きな会社の狭い社会の小さな机の上では見えなかった世界が

少しずつ見えてきました。

別の会社に転職したのは、(結果的には辞めちゃってますけど)

とてもいい経験になりました。

それはまたの機会に書きます。

ってここで書かないと、また薄っぺらいブログになっちゃいますね。

すいません今いろいろ締切とか切羽詰まってるんで。また今度詳しく書く。

 

とりあえずデカイ企業辞めても、死にはしません。

死にたくはなるけど、

 

+++++++

 

はてなブログのアクセス数が上がってきている。

1番多いのが、

ホワイト企業を辞めるのはバカなのか」という記事。

超絶駄文で情けなくなる。

でもホワイト企業を辞めることに興味がある人が確かに、いる。

だから私はまた似たようなテーマで書いてみた。

 

 

2番めに多いのが、松原健選手のトークショーレポート。

彼が横浜F・マリノスに移籍して開幕戦スタメン出場したこともあり、

Jリーグ開幕当日にアクセス数が急上昇した。いい選手でしょ。走り方かわいいし。

 

 最後になりますが、

明日の出社を憂鬱に思いながらも、

朝起きてちゃんと会社に行く、社会人の皆さんに

心から敬意を表します。