読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこめしはっかーです。

書く仕事で生きたい、隠し事はあまりない26歳無所属。求人広告/web/紙媒体の経験を頼りにフリーライターでやっていくことにしました。Jリーグが好きなのでサッカーについてたくさん書いていますが、実はルールが全然覚えられません。オフサイドについては諦めました。

東京いるうちに、昼から飲み歩いた話


スポンサーリンク

 


f:id:nkmskacker53:20170121221811j:image

全国の車社会の皆さんこんにちは。
移動が電車で完結する大都会にいるうちに、
昼から飲める幸せをかみしめてきましたよ。

 

場所は浅草
電気ブラン」発祥の店、神谷バー
わたしは今日まで電気ブランというお酒を知りませんでした。
ぱっと見、ミキサーとかシェーバーが得意な家電メーカーを想起しませんか?しないか。

いうて電気ブラン、明治生まれですからね。名前の由来はWikipediaをお願いします。
現代風に言うとeブランデー、スマートブランデー、ブランデーver.4.0といったところか。

 


f:id:nkmskacker53:20170121221659j:image

13時すぎにお店について、激混みの中なんとか席を確保。
お客さんみんな酔っ払ってました。
他人同士仲良くなってる人たちとか、たくさんいてはりました。
どいつもこいつも幸せそうだぜ。
普段はひねくれ者の私もここでは例に漏れず「あ、なんか幸せ」と声に漏れていました。


なんだろう、平和って素晴らしいね。
昼間からブランデー飲んでみんなべろべろになれるって、さ。

このお店と、電気ブランというお酒が、
明治時代に生まれて戦争とか戦後復興とか高度経済成長とかバブルとかいろんな時代を超えて愛され続けてきたんだなーと思うと、 
ロマンを感じる。そういうの大好きだ。

あと高齢な男性客はやたらみんなオシャレだったんだけど、アレなんだったんや。
寅さんみたいな格好の人いっぱいいたよ。寅コス。トランスコスモスじゃないよ。
土曜の昼からおしゃれしてお出かけして強めのお酒飲んで、
老後エンジョイしてやがんなあ。いいなあ。

年とってもオシャレとか楽しみとか大事に生きたいなあ。

と思いつつこのあと夜まではしご酒しまくり、長生きする気があまり感じられない過ごし方をする26歳無職女性であった。