読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこめしはっかーです。

書く仕事で生きたい、隠し事はあまりない26歳無所属。求人広告/web/紙媒体の経験を頼りにフリーライターでやっていくことにしました。Jリーグが好きなのでサッカーについてたくさん書いていますが、実はルールが全然覚えられません。オフサイドについては諦めました。

「向いてない」と思ったら、気が楽になった、けども

先月半ばからスタートした有給消化期間も3週間目に入りました。

相変わらず何をしたらいいのかわからないし、

転職先は決まってないし、あ、てかフリーランスで腹くくったつもりだし

わりと手持ち無沙汰で未来が見えない状況が変わらずです。

 

土日はまだいいんだけど、平日に何もしないって、ツライ。

 

「私、昼間から部屋でYouTube観て、ほんと何なんだろ。

 生きてる価値あんのかな。

 社会人としてフルタイムで働く人生に戻った方マシかも。

 てか今日火曜?水曜?」

 

これが贅沢な悩みであることは間違いない。

転職先が明確であれば、

(しかも今までと同じ生活水準を保てるなら)

こんなに”ツライ”って感じはなかったのかもしれない。

 

朝出勤するサラリーマンが、

昼休みにランチするOLが、

羨ましい。

「明日会社行きたくねー」と言ってる人たちに、

ぜひとも私を身代わりに使ってほしい。

 

これはもしや勤労意欲というやつなのか。

本当はあの会社に戻りたいんじゃないのか

と一瞬思いかけたけれど、

あの会社でもう一度働きたいとは思わない。

 

待遇がよかったから、もったいないとはよく言われる。

ただ、仕事内容と客層が、私には合ってなかった。

 

「もったいない」と周りから言われまくって、

なんだか悔しく思ったりもしたけれど、

それもようやく落ち着いてきた。

 

ホワイト企業だからとか関係なく、

私には向いてなかった、それだけの話ですんで。

 

思えば2012年春、

「就職活動で最初に内定出たとこに決めよう」

って感じで進路決めちゃったんだ。(就活疲れすぎて)

で、最初に内定出たところが大手ホワイトだったから即決したんだった。

 

その結果「向いてなかった」んだから、しょうがないっしょ。

 

つい最近まで

就職活動のやり直し、みたいな感じで転職活動をしてきた。

結局どこにも内定は貰えてない。

 

「具体的にやりたいことや業界に対する問題意識が足りない」

と言われて、落とされている。

 

そのとおりだと思う。

だって内定もらいたいためだけの転職活動をしてるから。

この業界で働きたいとか、この会社でやりたいことがある、じゃなくて、

「どっかで正社員になれないかなー」としか考えてない。

 

こんな気持ちで雇ってもらえたとしても、また辞めると思う。

だから

「ライターとか、やりたいことに挑戦してみよう」

と思って、フリーランスで生活を始めてみることにしたんだった。

 

そこまで考えがめぐるんだけども

 

転職活動しなきゃ→入りたい会社とか業界とか無い→てかライターやりたいんじゃん→そうだだからフリーでやるんだった→でもやっぱり会社員の安心感は捨てがたいな→転職活動しなきゃ

 

の無限ループ。

不安になるってことは、

フリーランスも向いてないってことなのかな?

 

あれ?どうすんだこれ?

何で生活していけばいいんだ?

 

そしてまた転職サイトを眺め、

特に入りたい会社が見当たらず、

肩を落とすのであった。

 

とりあえず、ホワイト企業辞めることに対する、

「もったいない」というしがらみからは、

ようやく逃れられそうです。

私には向いてなかったんだから。

もったいないもクソもねーよ。