ねこめしはっかーです。

書く仕事で生きたい、隠し事はあまりない27歳無所属。Jリーグが好きなのでサッカーについてたくさん書いていますが、実はルールが全然覚えられません。オフサイドについては諦めました。

生粋のキョロ充、ぼっちを楽しむ方法を見つける。

 

f:id:nkmskacker53:20160807074915j:plain

(踊ってたら突然走りこんできたエルサ、中身は小柄なオッサン)

 

金曜から新潟まつりが開催されています。

 

私も初日の「民謡流し」に参加しました。

1万5千人の踊り手によるパレードです。

 

一応、勤務先企業の一員として参加しましたが、

参加者に職場の同僚がおらず、完全にぼっちでした。

つらかったです。

途中で何度バックレが頭をよぎったことか。

でも、

アルビレックスチアリーダーズになりきって

 自信に溢れた民謡流しを踊る」

 

みたいなことをブログで書いたし、

これを達成せずには帰れない、

そう自分に言い聞かせて、

なんとか最後まで残りました。

つらかったです。(再掲)

 

今回私が、どんな状況で新潟まつりに参加したかまとめますと、

・お話できる相手がいない集団に一人

・踊りは1ミリも知らない

・新潟まつり自体初めて

 

 

17:30

着付けのプロたちによる浴衣の着付けタイム。

そう聞いていたので、とりあえず更衣室に向かいました。

「混んでるから先にカレー食べてきて!」

着付けと夕食(カレー)が同時並行らしい。

全然お腹空いてないけど、カレーが提供されている食堂へ。

 

食堂では他の参加者たちがいくつかのグループに分かれてカレーを食べていました。

「1人で食べてる人、いないなあ」

と、まずは思いました。

この発想こそが、この切り口こそが、

キョロ充がキョロ充たる所以だと、今ならわかります。

 

集団の中に自分一人で入って行く時、

自分だけが一人なんじゃないか、一人ってダサいんじゃないか

とかいちいち考えている。

一人でカレー食べてる寂しいやつだと思われるんじゃないかなーみんな談笑しながら食べてるし、あいつぼっちだよかわいそうとか喋ってるのかなーうわーつらいな帰りたいなー

 

キョロ充ってか、ただの自意識過剰です。

 

18:00

再び着付けの部屋へ。ココでも着付けしてくれる人としか喋らず。

周りでは女性陣が大体年代ごとに固まっておしゃべりしています。

つらいです。帰りたい。

微妙に顔見知りの人とかを発見し、余計辛くなる。

こういう時は知り合いが全くいない方がマシなんだなと気付きました。

着付けが終わって、会場へ出発するまで手持ち無沙汰。

ずっとTwitterFacebook往復してた気がします。

SNSばっか見てるところもキョロ充っぽいですね。

 

18:45

踊り会場に着きました。移動してる間ももちろん一人。

周りの2人組とか3人組とかをすり抜けて歩いていたら、

めちゃくちゃ前の方になってしまいました。

この位置で踊るということは、予習ゼロの私の踊りが

後ろ何百人のお手本となってしまうことを意味します。

 

という発想も自意識過剰だねこれまた。

私の踊りが見れるのはせいぜい後ろの人と斜め後ろの人くらいです。

 

しかし、あの時の私はそんなふうに冷静にはなれず。

(踊りが始まったら私の下手くそな踊りというかただのモーションが会社の人間にバレてしまう・・・)

などと考え、逃げ出したい気持ちでいっぱいでした。

 

19:00

いよいよ踊り開始です。聞いたことのない民謡。予測のつかない動き。

「あっ、後ろの人、困ってるな」と肌で感じました。

同時に、なんだか楽しくなってきてしまいました。

「これ、ブログに書こ」とか思い始めました。

 

そして、ブログに書くという発想が功を奏しました。

今まで自分に向いていたベクトルが、

突然外向きになったのです。

 

(自分向きのベクトル)

私だけがぼっち、かわいそう

知り合いいなくてカッコ悪い

踊りもわかんない

 

(外向きのベクトル)

証券会社ってイケメン多いな(ブログに書こ)

ギャラリーというか、通行人が全然いない(ブログに書こ)

これ完全に踊り手1万5千人の自己満じゃね(ブログに書こ)

アルビの選手とか来てるかな(ブログに書こ)

なんかキモいエルサ走ってきたんだけど!(ブログに載せよ)

 

もうぼっちとか、ダサいとかどうでもいいです。

キョロ充なりに、無我の境地に達したのです。

 

 

新潟まつりを通して、私は学びました。

 

「ブログのネタ集め」と思えば、

ぼっちでもわりと楽しく過ごせる。

 

 

 

ちなみに、新潟甚句ののっぺりとした動きを

アルビレックスチアリーダーズのように踊るのは無理でした。

 

広告を非表示にする